2010年05月24日

<トキ>早くも、ひな誕生Tシャツ 「テン敵?」モチーフも(毎日新聞)

 ひなの誕生が心待ちにされている佐渡市の放鳥トキ。国内の自然界では36年ぶりとなるふ化を祝福しようと、新潟市内のメーカーが、ひな誕生をモチーフにしたTシャツを作った。

 トキにちなんだTシャツを製造・販売したのは新潟市中央区の「刷屋(すりや)」。同社はこれまでも万代橋やイチゴの越後姫など新潟ゆかりのものをデザインした「ご当地Tシャツ」を作ってきた。放鳥トキが卵を温めているというニュースを見た社員の発案で製作が決まり、4月下旬から売り出した。

 トキのひなが殻を破って踊っているデザインで、音符も添えられている。製作した増子梨香さん(28)は「ひなが誕生すれば、県民みんなが盛り上がる」と考え、楽しそうなデザインにしたという。

 一方、佐渡トキ保護センター(佐渡市)のトキを襲ったテンをあしらったTシャツも作った。こちらは、涙を流しているテンのイラストの下に「テン敵?」と添えた。トキを襲ったテンだが、もともとは人間が木の芽を食い荒らすノウサギ対策として佐渡島へ持ち込んだ歴史がある。「テンだけを悪者と扱っていいのか」と製作者の稲吉匡人さん(25)はTシャツに込めたメッセージを説明し、同社の桑野一哉常務(31)も「テンの問題を考えるきっかけになってほしい」と話す。

 いずれも1枚2940円。注文は同社「新潟Tシャツ部」のホームページ(http://www.niigata-shirts.com)で受け付けている。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
<関連記事>放鳥トキ:ひな誕生した可能性 餌を与える仕草
<写真特集>放鳥トキ:3個目も巣外へ 別のペア、卵ふ化の可能性
<関連記事>小沢環境相:秋のトキ放鳥に前向き
<写真特集>トキ襲撃:犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡
<動画>トキの順化ゲージに侵入したテン

日航撤退 路線存続へ支援策 愛知県が検討表明(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)
首相動静(5月18日)(時事通信)
「離婚迫られた」妻殺害の中国人男を殺人容疑で逮捕 東京・府中(産経新聞)
皇太子さま 淡路花博を視察 人形浄瑠璃も鑑賞(毎日新聞)
posted by タカベ シズカ at 19:02| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。